MASA’s 辞書
< All Topics
Print

視細胞

眼の奥にある網膜に分布している、光を感じることができるセンサーとなる細胞があり、それを視細胞といいます。

光受容器である視細胞には大きく分けて2種類あって、その形態から桿体(かんたい rod)細胞と錐体(すいたい cone)と呼ばれます。

桿体は弱い光に反応できるため暗所で機能、明所では錐体が機能しています。

Title